ana blog
   同化しているなんてどうかしている。
ana
Author:ana
余すことなく29歳になりました。
最近のエントリー
ひさしぶりの投稿はぼやき程度でございます(09/07)
8bit Miles(06/10)
ツインズ(05/01)
NIKE MUSIC SHOE(04/27)
DOMMUNEについて(03/14)
日めくり玉葱(01/14)
MJのDJMX(01/03)
最近のコメント
ana:(10/18)
RVF:(10/05)
eico:(07/19)
ana:(03/16)
TNO:(03/15)
ana:(01/08)
r.v.f:(01/08)
ana:(12/05)
led:(12/05)
ana:(11/17)
最近のトラックバック
超高層ビルを調べる:(11/01)
クラッシックの世界:(09/29)
ジャズを極める:イヴ -ジャズ・クリスマス-【0827秋先10】(08/27)
リコーダーがたくさんあります:(07/23)
建築物が気になったぞ:建築物が気になったぞ(03/21)
カテゴリ
ぼやき(36)
travel(8)
pola(37)
memo(21)
music(29)
mp3(22)
movie(24)
youtube(42)
art/design(42)
architecture(5)
cinema(3)
event(27)
cd(66)
dvd(9)
book(10)
goods(19)
web(9)
funny(14)
過去の記事
2010月09月 (1)
2010月06月 (1)
2010月05月 (1)
2010月04月 (1)
2010月03月 (1)
2010月01月 (2)
2009月12月 (3)
2009月11月 (4)
2009月10月 (2)
2009月09月 (3)
2009月08月 (3)
2009月07月 (6)
2009月06月 (3)
2009月05月 (6)
2009月04月 (5)
2009月03月 (4)
2009月02月 (8)
2009月01月 (7)
2008月12月 (5)
2008月11月 (6)
2008月10月 (7)
2008月09月 (7)
2008月08月 (2)
2008月06月 (2)
2008月05月 (3)
2008月04月 (4)
2008月03月 (6)
2008月02月 (8)
2008月01月 (12)
2007月12月 (6)
2007月11月 (3)
2007月10月 (4)
2007月09月 (4)
2007月08月 (2)
2007月07月 (8)
2007月06月 (8)
2007月05月 (8)
2007月04月 (6)
2007月03月 (10)
2007月02月 (10)
2007月01月 (8)
2006月12月 (8)
2006月11月 (5)
2006月10月 (4)
2006月09月 (8)
2006月08月 (10)
2006月07月 (14)
2006月06月 (10)
2006月05月 (14)
2006月04月 (13)
2006月03月 (12)
2006月02月 (14)
2006月01月 (13)
2005月12月 (6)
2005月11月 (10)
2005月10月 (11)
2005月09月 (11)
2005月08月 (10)
2005月07月 (5)
2005月06月 (6)
2005月05月 (13)
2005月03月 (1)
2005月02月 (7)
2005月01月 (8)
2004月12月 (9)
リンク
いつか買いたいエトセトラ
AnatamakasenoOhanashi120.jpg siwaRound120.jpg YanagiSoriBowl120.jpeg YanagiSoriMilkpan120.jpeg Suwada120.jpg tivoli120.jpg
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 Aphex Twin/Come To Daddy EP


Aphex Twin/Come To Daddy EP

久しぶりにエイフェックスが聴きたくなってカムトゥダディを再生。

てかこれ、10年前にリリースされてるんね~。いやはや、この盤に出会ったのは高校生の頃だったのかと思うとちょっと信じられないすなぁ。当時はPVのせいもあってか1曲目に強烈な印象を持ってたけど、今聴いてみると2曲目や5曲目の方が面白いなぁ。

あーなんかカムトゥダディのPVの真似を友達としてた記憶が鮮明に蘇ってきたw
真似するような内容のPVでもないのにね!!
スポンサーサイト
cd | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/23(月) 21:46)

 perfumeっていうアイドルが何気に良い


掟ポルシェが数年前からPuerfumeを大プッシュしていて、存在だけは知っていたんですが、特にチェックすることもなく幾星霜。で、最近になって彼女らのPV観たらスゲー高品質なのね。10代後半~20代前半をテクノやハウスで育ったトンガリキッズな僕としましては、少しばかり血が騒いでおります。

WIRE系なエレクトロ×ディスコ×テクノにロボットボイス。近未来的CG。かわいい振り付け。そこいら辺のチャートゲッターアイドルなんかよりもずっとかしっかりしてるんのね。打ち出そうとしていること(アイドル/エレクトロ/ポップ/キュート/ファニー/ちょいストレインジ)が明確だからブレがないんでしょうかね。こりゃRhymester宇多丸や木村カエラもPerfumeを絶賛するわー。個人的にはLoopa NightあたりでDISCO TWINSに流してほしいなーなんて思ったり。エゾロック行きませんけど。

まぁ気になる人はとりあえず↓のリンクからPV観てみてくださいってことです。


=関連サイト=
PerfumeBest.jpg
Perfume/Perfume~Complete Best~(DVD付)

Perfume / Linear Motor Girl
Perfume / Electoro World
Perfume / Chocolate Disco

Perfume オフィシャルサイト
music | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/23(月) 21:27)

 落語ユーチューブ
Joukannya.jpg

桂 枝雀 - 上燗屋(※音量小さいです)

YouTubeで落語が見たいなぁなんて思って検索してみたら、
ちょうど先週に枝雀さんのがアップされてるじゃないっすか~。

飲み屋をハシゴしてる客と上燗屋(店の名前)の店主の演じ分けがスゴいなぁ。
酔っぱらいの無茶な注文に困る店主の顔がツボすぎるwwたまらんwww


あ、あと映像の音量が小さいからっつってボリューム上げて、
ボリューム上げてるの忘れてiTunesなんかで爆音喰らう危険あるんで注意してください。
youtube | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/07/15(日) 19:37)

 大友さんのCDとライブとユリイカ
大友良英率いるONJO、ライヴ盤が満を持して登場!(CDJournal.com)
フェラーリの庭 Ferrari's Garden /LIVE+リュック・フェラーリ映画祭
ユリイカ 2007年7月臨時増刊号 総特集*大友良英

ひとつめはONJOが7月と8月にライブアルバムをリリース。
しかも各2枚組なんで合計4枚。コレを通して聴く体力をつけておきます。

ふたつめはリュックフェラーリの命日(8/22)に追悼ライブ。
このイベントは3日間あって、リュックフェラーリ関連のフィルム上映や、
木幡和枝 +大谷能生の対談とかあります。あとL?K?Oのライブというのが目を引きます。

みっつめはユリイカの大友良英特集が7/12に発売。
大友良英×菊地成孔の食対談が読みたぁーーーい!!!!


=関連サイト=
otomoeureka120.jpgSeriesCircuit120.jpgParallelcircuit120.jpg
ユリイカ -大友良英特集
ONJO/LIVE Vol.1 series circuit
ONJO/LIVE Vol.2 parallel circuit

大友良英のJAMJAM日記
music | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/07(土) 22:37)

 手紙を書く ということ
tanabataretter.jpg

Tegami.ne.jp - 七夕レター

Tegami.ne.jpって、こんなサイトあったんですね。
つか、リンク先の『七夕レター』の文を読んでると、非常に共感してしまったわー。

最近になって手紙を書く事が少し増えたんですが、なかなかイイっすよ。
メールは手軽で便利やけどね、なんかね、それだけって感じが否めないっすもん。

まぁ、だからって「七夕レターやろうぜ!」とまでは言いませんけれども、
たまには手紙を書くことも新鮮でええんジャマイカって話でした。
ぼやき | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/06(金) 22:03)

 懐かしいコインゲームをFLASHで
yamanobori.jpg

山のぼりゲーム

な、懐かしすぎる!!!
一気に当時の思い出(たしか6~7歳くらいじゃないかな)が蘇ってきた。
ジャンケンするヤツとかロケット発射するヤツとか、、
あの頃はこういったコインゲームがいっぱいあったなー。

funny | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/06(金) 20:14)

 バレアリックソウルって何だ?
20年ほど昔、『レア・グルーヴ』『フリー・ソウル』をキーワードに、ソウル~ジャズ~ファンク~AORに至るまでの音楽を自由に解釈し、それをクラブフィールドで再生するという大きなムーヴメントがあったそうな。そんでこの1~2年、そうした動きを実際にクラブで体験してきた者たちがAORやブルーアイド・ソウル的な作品をリリースしているらしい。
で、タワーレコード的に、こういった流れの音楽を総括して『バレアリック・ソウル』と呼ぼうとしてるみたい。(個人的な解釈としては『21世紀型AOR~ブルーアイド・ソウル』と捉えています。)

えー話が長くなりましたが、僕はこの『バレアリック・ソウル』にものすごくハマっています。その中でお薦めアルバムをちょろっと挙げてみます。

SitDownThink200.jpg
Talc/Sit Down Think

まずはバレアリックソウルの筆頭株、Talcの1stアルバム。
AORが流行した70~80年代のアーバンさを保ちつつも、21世紀的ポップ~ロックのフォームを十分に感じれる楽曲の強度がチョー魅力的。AORなんてさほど興味がなかったのに、タルク聴いてから俄然関心が高くなっております。

TheBeautyRoom200.jpg
The Beauty Room/The Beauty Room

As OneのKirk DegiorgioやIan O'Brienがメンバーというだけで垂涎ですが、曲を聴いても垂涎は止まりません!アルバム全体を通してシンセとストリングスが前に出ているんでチョー優しい。AORというよりかはポップ~ソウルで、タルクと比べると静かでイージーリスニング寄りですね。

TalktoAnimals200.jpg
Jumbonics/Talk to Animals

最後にTru ThoughtsからのリリースしているJumbonicsの2nd。
Tru Thoughtsってなことでこの中では一番フロア向きの曲が多いです。サンプリングミュージックに近い(実際使ってるかどうか知りませんが…)んでチョー踊れる。ファンク~ブレイクビーツにAORをまぶしたような所にバレアリックソウルを感じます。



ジャンル分けってどこら辺までがオッケーっていうのが個人差あるし、今の時代だったらかなりアバウトやし、、なんて思うと、Zero 7とか4 Heroなんかもバレアリックソウルなんやろかなーと思ったりもします。つってもまぁ、ここら辺は曲によりけりやねんけどね~。


=関連サイト=
myspace - Talc

myspace - The Beauty Room

myspace - Jumbonics
cd | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/07/02(月) 21:49)

 unoのサイト
uno.jpg

| Shiseido | uno |

はじめて見たとき、ブラクラかと思ってビビった。

ぼやき | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/07/01(日) 19:12)


レコメンドmusics
View120.jpg BrazilianOctopus120.jpg
レコメンドbooks
Ensembles120.jpg JungSoundtrack120.jpg AfroDisney120.jpg Houketsuzuroku120.jpg Vomer120.jpg ItaliaRyori1120.jpg ItaliaRyori2120.jpg DesignNoRinkaku120.jpg ShiroNoSyosoku120.jpg 1X1=2.jpg OiteikuMotteiku120.jpg
Copyright © 2004 ana blog. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。